fc2ブログ

コンテナの遅れについて

昨今のメディアによる報道でも取り上げられていますが、世界的な規模でコンテナ不足が発生し、深刻な問題となっています。
コンテナ不足の原因はいくつか挙げられますが、その予兆は2019年には既に見られました。世界におけるコンテナの約98%は中国で生産されており、2019年は米中貿易戦争の影響による荷動きの低下が懸念され、新造コンテナの生産量は前年比40%減となりました。2020年に入り、新型コロナウィルスのパンデミックから、世界経済の先行きが懸念されると、コンテナ生産工場の稼働率は大幅に縮小され、世界的な規模でコンテナ不足を招いたのです。
その後、2020年6月に入ると、中国では自動車・電気・機械を中心に、生産はV字回復を見せます。時を同じくして、北米ではコロナ感染拡大により、生活用品などの現地生産が縮小。巣ごもり需要の急激な増加と相俟って、中国から米国に向けた輸出は例年以上に拡大しました。米国のコンテナ貨物量は、対前年水準を大きく上回るほどに増えたのです。
一方、新型コロナの蔓延により、米国では都市封鎖が行われるとともに、港湾作業員の減少により、コンテナ貨物が港湾に滞留するという事態が起こりました。この現象は世界の主要港に連鎖し、海上輸送の遅延と船舶の沖待ちは深刻化しました。

上記のような理由から、欧米では空のコンテナが大量に滞留し、その分、アジアにはコンテナが回されず、コンテナ不足に拍車をかけたのです。
その結果として、2020年7月には米国西航路、9月には米国東航路、11月にはヨーロッパ航路、12月には日本・韓国航路でというように、相次いで海上運賃が高騰しました。
このような状況により、当社のインドネシア、マレーシア、シンガポールからの輸入品にも影響が出ており、予定より1カ月の遅延などが頻繁には発生し、いくつかの商品には欠品が見られます。

皆様には多大なご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解ください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

株式会社 二宮

Author:株式会社 二宮
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード