FC2ブログ

二宮社長、つくば国際大学で教鞭を取る

去る9月19日、茨城県土浦市のつくば国際大学・保険栄養学科において、授業の一環として、二宮社長がハラールについての講義を行いました。
当日は同学科の、管理栄養士を目指す学生約20名が参加しました。
教壇に立った二宮社長は、イスラームへの理解を求めると同時に、ハラール食について詳細な説明を行いました。
講義の後、学生の一人から、「ムスリムには、戒律に厳しい人と、そうでない人がいるのでしょうか」との質問が寄せられました。これに対して二宮社長は、「ムスリの中にも、戒律に厳しく向き合う人と、そうでない人はいます。戒律に厳しい人は受け入れ施設に対しても、徹底したハラール対応を求めます。ただ、そのような場合でも、自らの施設におけるハラール対応のレベルを考えて、対応出来なければ素直に伝えれば良いのです」と述べ、冷静な対応が大切であると説きました。
二宮社長は試食として、各生徒にデーツを配り、「デーツは日本ではナツメグと呼ばれ、ムスリムが毎日の断食後に始めて食べる、栄養価の高い果物です。クルアーン(コーラン=聖典)の中でも、食べることを推奨しています」と解説。学生たちは、初めて味わうデーツに、「おいしい」との声を漏らしていました。
教室内には展示スペースが設けられ、ハラール基礎調味料などが展示されました。



筑波国際大学_教壇に立つ二宮社長
筑波国際大学_教壇に立つ二宮社長


筑波国際大学_学生からの質問に答える二宮社長
筑波国際大学_学生からの質問に答える二宮社長

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

株式会社 二宮

Author:株式会社 二宮
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード