FC2ブログ

「ハラールサイエンスの展望」刊行にあたり、二宮社長が寄稿

このほど、大阪大学教授・民谷栄一氏と静岡県立大学教授・富沢寿男氏の監修のもと、シーエムシー出版から「ハラールサイエンスの展望」という論文集が刊行されるにあたり、二宮社長が寄稿しました。
現在、世界で16億人という信者を擁するイスラーム。2020年には全世界人口の4分の1を占めるまでに増加することが予想されるムスリム人口を基盤に、拡大傾向にあるハラールマーケットは、ビジネスシーンにおいて今後、一層の理解を必要とされる分野と言えるでしょう。
本書は、2008年以降、民谷教授が研究を続けている「ハラールサイエンス」をキーワードに、先端分析技術を駆使してハラールを科学的に考察。ハラールサイエンスを学問として体系的に研究することを目的に編まれています。
論文執筆者は、先端科学技術者やムスリム及びイスラーム社会に詳しい人文社会系研究者、ハラール関連の食品製造・流通における実務担当者など、多彩な人材から人選を行いました。その中で二宮社長は、2002年に日本国内ではじめてハラール食品の輸入販売を開始し、その後、国内初のハラール加工食品の開発を手掛けるなど、ハラール産業の第一人者として白羽の矢が立ったものです。
二宮はハラール商品開発では、マーケティングの観点から製造する商品選びを行い、「パン製品」、「カレー製品」、「ドレッシング」、「ピッツァ」、「チキンカツ」などを矢継ぎ早に生み出し、販売に繋げていきました。「ハラールメニュー開発のポイント」の項では、常日頃から、ムスリムと密なコミュニケーションを取ることが重要と説きます。二宮では現在、約100種類のメニュー開発に成功していますが、ムスリムが困っている事や食べたいと思っている食品が何かを丁寧に聞き取り、商品開発に反映させた結果であると、二宮社長は強調します。その上で参入企業が自社製品にこだわりを持たず、他社とも連携してハラール市場に向き合う事が重要であると述べています。
ご興味のある方は是非、ご一読ください。

「ハラールサイエンスの展望」
(A New Horizon of Halal Science)
B5版 228頁 / 定価:価格76,000円(税抜)
<お問い合わせ>
株式会社シーエムシー出版
東京本社・宣伝部 Tel:03-3293-2061


ハラールサイエンス
ハラールサイエンス
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

株式会社 二宮

Author:株式会社 二宮
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード