インドネシア最大の食品見本市を視察 様々なハラール食が目白押し

昨年11月9・10・11日の3日間、インドネシアの首都ジャカルタにあるコンベンションセンターJakarta International Expoにおいて、「SIAL INTERFOOD (シアル・インターフード・ジャカルタ)」が開催され、二宮社長が視察に訪れました。
インドネシア最大級の食品・飲料見本市として産声を上げ、世界各国より35,000人規模の来場者が駆け付ける同イベント。情報発信プラットフォームの役割を果たすこの場で、二宮社長の食指を動かす新商品も多数、見受けられたようです。ハラールパン粉やインドネシアのハラール調味料など、数点に高い関心を寄せていました。ことに、ハラールレトルトミートソースは、輸入も視野に入れた展開も思案中であるとの事。
また今回のイベントにおいて、特筆すべき点は、ケーキなどのスイーツコーナーの充実ぶりに伺えます。これについて二宮社長は、インドネシアの食卓における欧米化が加速している点を指摘しています。
世界第4位の人口を有し、東南アジア経済の牽引役として著しい成長を遂げたインドネシア。中流階級をはじめに、幅広い社会層において西洋化の波は、食の一端にも顕れている、と二宮社長は説きます。


シアル・インターフード・ジャカルタ_会場風景
シアル・インターフード・ジャカルタ_会場風景

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

株式会社 二宮

Author:株式会社 二宮
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード