雑誌のハラール特集を監修

女子栄養大学が発行する月刊誌「栄養と料理」4月号で、「ハラール実践ガイド」と銘打った特集が組まれていますが、今回、二宮社長が監修を行いました。
海外からの旅行者数が増加の一途を辿り、2,000万人を突破する日も秒読み段階となる今日、一般家庭でも外国人を突然お迎えする事があるかもしれません。ことにイスラーム教徒に関しては、宗教や生活習慣の違いは勿論、ハラールなどの食事対応が必要なことなど、家庭の主婦にとっては中々、触れる機会に恵まれません。
特集では入門編として、「ハラール」の意味や「ハラール認証」について丁寧に解説。その中で、「ムスリムフレンドリー」という言葉に言及しています。イスラーム教徒は旅行先での滞在中、どこまでハラール性を求めるかは、人それぞれに考え方が違います。
日本国内において、完璧なハラール対応は難しく、それ故に「どこまで、どのような対応をしているか」を正確に伝え、ムスリム自身に判断をゆだねる事が肝要です。
このような対応の在り方こそムスリムフレンドリーであり、ムスリムをもてなす上で大
切な事であると、二宮社長は強調しています。
誌面上では、日本の家庭料理でムスリムをお迎えするというコンセプトで、ハラール和食調味料を使用したちらし寿司や茶わん蒸し、サラダや鶏肉ソテーなどをカラフルな写真を多用してレシピ付きで再現しています。中でも出色なのが、「ムスリムフレンドリーキッチンの整え方」という項です。ここでは、ハラール基準を満たしたレストランや専門店と一般家庭とを比較。家庭でここまでなら出来そう、と思われる対応策について触れています。料理方法のアドバイスと、ハラール食材の全ては二宮が提供しました。
他にも、関西国際空港における、ムスリムフレンドリーな取り組みを紹介しています。
同空港では、2012年にムスリムフレンドリーなエアポートの実現に向けて、検討チームを発足。実際にムスリムからヒアリングを行い、「食事」と「礼拝」の2つの軸を主体として対応強化に努めています。食事では敬虔なイスラーム教徒から、比較的柔軟な考え方を持つムスリムまで、幅広い層に利用可能な体制を整えています。また、関空内のハラール対応レストランにも、二宮は食材を提供させて頂いております。
一般書店にて、定価700円(税込)で好評発売中です。

栄養と料理・4月号表紙
栄養と料理・4月号表紙

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

株式会社 二宮

Author:株式会社 二宮
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード