ムスリム旅行者受入メニュー開発に向けてデモ実施

東京都が推進する、ムスリム旅行者受入れに係わるアドバイザー派遣事業の一環として、去る1月27日、外苑前アイランドスタジオにおいて、フードコーディネーターを招き、実際の料理のデモンストレーションを通じて、ハラールメニュー開発のアドバイスを行う催しが開かれました。講師は、NPO法人日本ハラール協会所属のフードコーディネーター・嶋田潤治氏が務めました。
海外からのムスリム旅行者の多くは、日本食を口にする機会を求めていますが、和食で常用される調味料には、ムスリムが口に出来ないみりんや料理酒などが含まれています。当日は嶋田氏が、ハラール調味料を代替することで、ムスリムが好むハラールメニューの開発に向け、具体的なアドバイスを行いました。
今回のメニューは、「鮪赤身と彩り野菜のカルパッチョ」、「ハラール牛とアボガド、トマトの酢味噌がけ」、「フルーツのみたらし団子」の3品。料理で使用されたハラールビーフ、ハラール醤油やハラール味噌、ハラールみりん風調味料など、ハラール食材の全ては二宮が提供しました。
また参加者は、実際に料理を味わいながら、メニュー開発のヒントや、ムスリム旅行者を受け入れる上で施設が抱える課題など、幅広いアドバイスに耳を傾けていました。

ムスリム旅行者対応メニュー開発_デモ風景
ムスリム旅行者対応メニュー開発
デモ風景

ムスリム旅行者対応メニュー開発_「ハラール牛とアボガド・トマトの酢味噌がけ」
ムスリム旅行者対応メニュー開発
「ハラール牛とアボガド・トマトの酢味噌がけ」

ムスリム旅行者対応メニュー開発_試食風景
ムスリム旅行者対応メニュー開発
試食風景
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

株式会社 二宮

Author:株式会社 二宮
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード