オタフク展示会 二宮社長が視察

オタフクソース株式会社(本社:広島県広島市)はかねてより、業務用提案会「2018活力フェア『お好み焼き提案会』」を、東京・大阪・広島の全国3会場にて開催することを決定していますが、このほどその初回を飾る東京会場での提案会が5月29日、東京都都立産業貿易センター台東館において開かれました。同提案会は、お好み焼き店を主とした飲食関係者向けに、新たな商品やメニューの紹介、情報交換の場を提供することにより、お好み焼き業界の活性化と発展を目的に毎年開催されており、今年で21回目を数えます。
当日は店舗経営者を中心に、約1000名近い来場者が詰めかけ、二宮社長も視察に訪れました。
会場内の実演コーナーでは、「ベジタブルお好み焼き」など、健康志向を踏まえたメニューのデモンストレーションが目立ちました。
今回の提案会では、特にムスリムを意識したハラール対応の提案は見られませんでしたが、昨今の外国人旅行者の増加傾向を背景に、東南アジアを中心としたムスリム旅行者による、日本のBグルメの人気の高まりをオタフクソースも敏感に受け止めています。以前より同社は、マレーシアからお好み焼き、たこ焼き、焼きそばの3種類のハラールソースの輸入を開始しており、二宮は各種ソースの販売を引き受けています。二宮社長は、「お好み焼きの他のハラール材料もほぼ揃えることは可能ですが、ハラール対応が出来るお好み焼き店舗はまだまだ少ないのが現状です。そんな中でも、経営者の方々からは『色々な工夫を凝らして、ハラール対応をしたい』との声も伺っています」と述べ、今後もさらなる努力を怠らずに、ハラール対応に尽力する店舗が増えることに期待を示していました。



オタフク・2018活力フェア『お好み焼き提案会_会場の模様
オタフク・2018活力フェア『お好み焼き提案会_会場の模様



オタフク・2018活力フェア『お好み焼き提案会_ベジタブルお好み焼き
オタフク・2018活力フェア『お好み焼き提案会_ベジタブルお好み焼き


おたふく3アイテム
おたふく3アイテム





スポンサーサイト

ラマダーン中に社内イフタール開催

5月17日からラマダーン(断食月)が始まり、二宮に所属している5人のムスリム社員も、ただでさえ平常より忙しい月に加えて、日の出から断食しながらも、一生懸命に働いています。そんな状況において、日々、信仰と真摯に向き合い、真面目に勤務している彼らをねぎらう意味で、二宮社長は5月24日、東京都目黒区にあるハラールインドネシアレストラン「Cabe」において、社内イフタールを催しました。イフタールとは、日の出から日没まで一切の飲食を断つラマダーンにおいて、日没後にはじめて摂る食事、あるいは食事会を指します。イスラーム圏では、ラマダーン期間中には、イフタール料理と呼ばれる普段は食べないメニューを食することがあります。今回の食事会では、まずはナツメヤシと甘いシロップに豆や果物が入ったブブールを入れて胃を慣らし、お祈りしてから本格的沢山の料理を食べました。サテカンビン、アヤムゴレン、グライカンビン、オポールアヤムなどなど、5人のムスリム社員もそれぞれ舌鼓を打ち、旺盛な食欲を示していました。


2018社長主催イフータル
2018社長主催イフータル

外食ビジネスウィーク 盛況のうちに閉幕

去る5月15日から17日までの3日間、大阪府大阪市住之江区にあるインテックス大阪にて、「外食ビジネスウィーク2018」が開催され、二宮も出展しました。
「西の台所」と称され、西日本の外食の聖地とも目される関西経済圏。
2府4県で構成される同地域の要ともいえる大阪の地で、食材・飲料・設備・サービス等に携わる企業が一堂に会する食の祭典である同展示会。
開催中はほぼ天候にも恵まれ、来場者数は3日間で28,600人を数えました。
二宮は初めての出展にもかかわらず、多くの取引先企業の方々からのご来場を賜りました。今回は和風をはじめ、エスニックのハラール基礎調味料の出展を行いましたが、ご来場された外食関連のお客様の中からは、ハラール食材そのもの以外にも、ハラールメニューの開発や、厨房内におけるハラール食材や調理器具の扱いなど運用に関するもの、他にはメニューの表示方法についての質問が多数寄せられました。これについて二宮社長は、「ここ数年、大阪への外国人旅行者数も増加しており、これまで以上にハラール対応を目指したい飲食店が増えている」と述べ、飲食店業界も喫緊の課題として、ハラール対応に迫られている証拠であると指摘しました。



外食ビジネスウイーク2018大阪_開会式の模様
外食ビジネスウイーク2018大阪_開会式の模様


外食ビジネスウイーク2018大阪_出展ブースの模様
外食ビジネスウイーク2018大阪_出展ブースの模様



ラマダーン明けのご対応について

ラマダーン明けのイドゥル・フィットリー(6/15を予定)においては、当社のムスリム社員5名はお休みを頂きます。従いまして、カット・スライス・ミンチなどのハラール加工ミート及び、一部の製造品は、当日出荷のご対応が難しくなりますので、お早目のご注文をお願い申し上げます。

ラマダーンについて (二宮社長・特別寄稿)

今年のイスラーム月の9月、ラマダーンは5/17から始まり6/14までの予定です。この間は日の出から日没までの間、飲食、タバコ、男女のスキンシップ、怒りなどの感情を激しく揺さぶる行為全てを我慢し、生活を致します。当社も現在5人のムスリム・ムスリマが働いており、皆頑張ってラマダーンを過ごしています。
この時期は、ムスリム・ムスリマには遊びの要素がなくなり、旅行や贅沢などはせず、アッラーと真摯に向き合って生活をしています。夕食(イフタール)は家族揃って、しっかりとハラールな食事を自宅で取る事が多く、またマスジド、大使館、イスラーム団体、大学もイフタールのパーティが開催される為、通常月よりかなり忙しくなります。当社社員はそんな大変な1ヵ月間を、仕事も十分にこなしています。
私二宮も平日のほとんどはムスリム社員と同じく、来社から日没までは飲まず食わずで過ごし、この期間、何回かはムスリム社員とイフタールの食事を摂っています。またラマダーンの後半は、ラマダーン明けのお祝いである「イドル・フィットリ―」が開かれるため、家庭、大使館、モスクにおいてはパーテイの準備もあり、更に忙しくなります。東京・目黒にあるインドネシア大使館では、イドル・フィットリーの期間中は大使公邸を一般に開放。日本全国から3,000~4,000名のインドネシア人が集まり、盛大なパーテイが開かれます。
尚、今年は6/15(イスラームの10/1)に予定されておりますイドル・フィットリーの間は、当社ムスリム・ムスリマ社員は、休暇を取らせて頂きます。

ラマダン写真1
ラマダン写真
プロフィール

株式会社 二宮

Author:株式会社 二宮
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード